高卒転職は現実厳しい?無資格でも成功させる5つのポイントを解説

Pocket

「高卒で働いているけどやりがいがないので転職したい」「高卒で無資格だから転職できない」と悩んでいませんか?友人が大卒で有名な企業に就職すると、何とも言えない気持ちになりますよね。

実際に、求人情報に「大卒」「資格保有者」などの条件が記載され、フィルターをかけられていることも多くあります。とはいえ、高卒で無資格だからといって転職自体を諦める必要はありません。

この記事では、高卒転職の現実や、高卒無資格でも転職を成功させるポイントを解説します。この記事を読めば、高卒で転職を考えいる人が取るべき行動が分かります。合わせて、高卒が抱える悩み別の転職活動方法も紹介しますので参考にしてください。

高卒での転職が現実問題として厳しい理由

出典:photoAC

大卒よりも4年も早く社会に出て働いている高卒は、それだけ実務経験が豊富です。とはいえ、高卒での転職は簡単なことではありません。大卒の人と同じ土俵で戦おうと思うと、それ相応の経験や知識が必要です。ここからは、高卒での転職が厳しいとされている理由を解説します。

高卒か大卒かによって選択肢が異なる

求人情報に記載されている条件に、大卒や短大卒が挙げられているケースは少なくありません。そのため、高卒である時点で転職先の選択肢が狭まる可能性があります。もちろん、人柄重視で採用する企業もありますが。履歴書の段階で高卒を不採用にすることも考えられます。

文部科学省の調査によると、大学進学率は約60%と過去最高を記録しています。そのため、企業側も大卒を基準として考えている可能性があり、今後も高卒の選択肢が少なくなると考えられるでしょう。

参考:文部科学省「令和3年度学校基本調査」

高卒で無資格のままだと強みを認めてもらえない

高卒は社会人経験が長いとはいえ、大学で資格を取得した人と比べられると対等に勝負できません。とくに資格を必要とする職種であれば、その資格が採用基準となってしまうため高卒無資格は不利になります。

企業の採用を担当する知人は「高卒は資格を持っていないから」「高卒はすぐに辞めるから」などの悪いイメージを持っているから採用は慎重になると話していました。

すべての採用担当者がこのような考えを持っているとは限りませんが、アピールできる強みがなければ不利になる可能性があります。

高卒では就職活動の厳しさを知らない可能性がある

高卒で社会に出た人達は、高校の就職支援課などで求人を探したり、教員に紹介したもらったりしたのではないでしょうか?しかし、転職ともなると求人サイトを活用して自分で探して応募しなければなりません。

転職活動は、高校生のときに受けた就職面接とは異なる雰囲気です。大卒で就職に有利といわれている人達でも、何十枚もエントリーシートを書いています。そのような厳しさに慣れず「どうせ高卒だから」と卑屈になることで、転職活動がうまくいかない可能性があります。

高卒無資格での転職を成功させるポイント5つ

出典:photoAC

高卒で転職する際は、転職を有利に進めるための作戦を立てる必要があります。むやみに企業に履歴書を送りつけるだけでは、不採用のお祈りメールに落胆して自信をなくしてしまうかもしれません。ここからは、高卒が転職を成功させる5つのポイントを解説します。

高卒でも大卒より実績を積んでいることをアピールする

高卒の強みは、大卒よりも早く社会に出て経験を積んでいることです。営業職であれば、その実績を数字でアピールできます。福祉職であれば実務経験に応じて、将来的に資格取得も可能でしょう。高卒で働いた数年間で「無遅刻無欠席」「責任者になった」などのアピールも有効です。

即戦力となれるよう転職先選びに注意する

高卒で就職した職種と異なる転職先であれば、転職活動が難航する可能性があります。しかし、同職種であれば経験豊富なため即戦力となれることが強みとなるでしょう。「高卒での転職に自信がない」「福利厚生に納得できないけど今の職種が好き」などと考えている人は、同じような職種を転職先として選ぶのがおすすめです。

学歴ではなく人柄を重視する企業を探す

求人情報を見ていると、高卒が応募可能な求人が少なくてガッカリすることもあるでしょう。しかし、なかには学歴ではなく人柄重視で採用する企業も珍しくありません。

公務員試験などでも自治体によっては「公務員試験対策不要」「人物重視のため複数回の面接」といった形式もあります。年齢制限が許すのであれば、思い切って公務員試験を検討するのもおすすめです。

参考:令和3年度水戸市職員採用試験

転職に有利となる実用的な資格を取得する

高卒で無資格となると、採用につながる後押しが欲しいと考える人も多いでしょう。転職先の職種希望が固まっているのであれば、その職種で活かせる資格取得を目指すのもおすすめです。

しかし、高卒で無職の期間を作るのは大変危険です。今の職場で働きながら取得できる資格を考えましょう。職種にもよりますが、転職に有利になる資格は以下の通りです。

 

資格名 有利になる職種 概要
日商簿記検定 事務/経理/会計 公的資格で受験資格不問
医療事務 病院/受付/会計 民間資格で通信講座など
TOEIC IT/秘書/営業/講師 民間資格で試験は年10回
ファイナンシャルプランナー 証券/銀行/保険 国家資格で実生活でも役立つ
介護職員初任者 介護/福祉 研修受講と修了試験あり
調理師免許 飲食/販売 国家資格で実務経験が必要

そのほか、職種によって有利となる資格は異なります。まずはどのような職種を希望するのか検討してみましょう。

今の仕事で何か実績を残してから転職する

転職考える理由が急ぐものでないのであれば、今の職場で実績を残してから動くのも転職を成功させるポイントのひとつです。人に自慢できるような強みがなければ、転職活動により受けた不採用のダメージにより自己肯定感が下がってしまう可能性があります。慌てて転職する必要がないのであれば、今のまま実績を積んでみてはいかがでしょうか?

高卒の悩み別!現実的な転職活動とは?

出典:photoAC

高卒での転職は、周囲に同じような立場の人が少ないこともあります。気軽に相談できる相手がいなければ悩みますよね。ここからは、高卒が抱える悩み別に、現実的な転職活動を提案します。

工場勤務からの転職の場合

工場から違う企業へ転職したいと考える人も多いでしょう。「きついのに給料が安い」「夜勤もあり将来的に不安」など、さまざまな悩みがあるはずです。

工場からの転職の場合は、その忍耐強さを武器に、ルーティンワークが基本の事務や販売への転職がおすすめです。荷物を扱う工場であれば、配送・物流関係の職種でもスキルを活かせるでしょう。

高卒で転職回数が多い場合

高卒で何度も転職を繰り返した人は、印象が悪く転職活動が難航する可能性があります。そのような人は、今後も人間関係などを理由に転職する可能性を考えて、手に職をつけるイメージを持つと良いでしょう。

web関連の勉強をして、思い切って自分で事業を始めるのも良いですね。それほど希望していない企業に転職すれば、また同じことを繰り返す恐れがあります。これからのことを考えて資格やスキルの獲得を目指しましょう。

高卒の女性の場合

高卒で働く女性の場合は、転職先が見つかったとしても非正規で採用される可能性があります。正社員での雇用を目指すのであれば、簿記や医療事務など、希望する職種に合わせた資格取得を目指しましょう。面接時には、ライフスタイルの変化による退職はないことを伝えると、好印象となります。

転職したいけど高卒だからと悩んでいる場合

高卒だから転職は難しいと悩んでいる人は、卑屈にならずまずは行動してみましょう。自分の強みを書き出し、気になる職種の求人を調べてみなければ難しいかどうかは分かりません。思い込みだけで転職を躊躇していれば、年齢を重ねて更に転職が困難になる可能性も考えられます。

高卒転職の現実は厳しい!強みを持ってうまく対処しよう

高卒転職は、大卒の転職よりも現実は厳しいといえます。大卒や資格保有者が多いなか、どのような強みを持てば有利になるか考えてみましょう。

転職を成功させるためには、それまでの流れをイメージします。転職先の選び方に注意したり、実績を積んだりして採用される確率を上げることが大切です。まずは「高卒で無資格だから転職はできない」といった先入観をなくしてから行動してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!