転職したいけどスキルがない30代!どうすれば転職できるのか?

Pocket

転職したいけどスキルがないという30代でも、しっかりと対策をすれば転職を成功させることができます。

  • 転職したいけどスキルがない
  • スキルがないから転職できるか不安
  • 30代でスキルがないから転職は無理?

という悩みをお持ちではありませんか?

そこで、この記事ではスキルがない30代が転職活動を成功に導くための対策を解説し、お悩みを解決します。

結論、本記事の通りに覚悟を持って、対策すればスキルがなくても転職活動で内定を獲得することは可能です。

30代で転職!スキルがないけど転職できる?


出典:Unsplash

30代で転職するにあたり、企業側は即戦力を求めています。

実際のところ、スキルがなくても転職ができるのか不安ですよね。

以下の2点に沿って解説していきます。

  • 結論:転職可能だが書類と面接を極める必要あり
  • 正社員であればチャンスは十分にある

結論:転職可能だが書類と面接を極める必要あり

最初に結論です。

転職は可能ですが、書類と面接を極める必要があります。

転職活動は以下の流れで行われます。

  1. 転職サイト・エージェントから求人を入手
  2. 希望する求人に応募する
  3. 書類選考を通過する
  4. 適性検査を受けて通過する
  5. 一次面接を実施し通過する
  6. 二次面接を実施し通過する
  7. 最終面接を実施し内定をいただく
  8. オファー面談を実施し労働条件を確認
  9. 内定を承諾する

※企業によって適性検査がなかったり面接回数が増減したりします。

どんな企業でも書類選考と面接は必ず実施されますので、内定を獲得するためには以下の2点の対策が必須です。

  • 職務経歴書・履歴書のクオリティを上げる
  • 面接の頻出質問に的確に答えられるようにする

30代転職でスキルがなくて困っていても、上記2点を極めれば内定を獲得することができます。

正社員であればチャンスは十分にある

現在、正社員と働いているのであれば、しっかりと対策することで内定を獲得し、転職を成功させることが十分に可能です。

自分がいままで行ってきた業務を棚卸しし、複数のエピソードトークでアピールできれば面接も通過できるはずです。

30代の転職で困るケースといえば、非正社員の場合です。

無職・派遣社員・契約社員・フリーターの場合は転職は苦戦することを覚悟しておきましょう。

非正社員での転職の場合、かなり苦労することが予想されますが、正社員を目指すように心がけましょう。

非正社員に転職したとしても、将来のキャリアが見えないままですし、契約を切られるリスクもあるからです。

30代の転職でスキルがないと不利な理由


出典:Unsplash

30代の転職に関わらず、スキルがあるに越したことはないです。

30代の転職では今までの経験を見られるため、スキルがないと不利になります。

スキルがないと不利になってしまう理由は以下の通りです。

  • 30代前半は中堅社員として期待される
  • 30代後半は管理職候補として期待される

30代前半は中堅社員として期待される

新卒で入社した場合は、30代前半となると中堅社員としてポジションを確立しているはずです。

ですので、転職してくる社員に対しても、同程度のスキルを求めています。

中堅社員として基本的な業務はすぐに覚えて、ゆくゆくは若手社員をリードすることを求められます。

30代後半は管理職候補として期待される

30代後半ともなると、企業によっては管理職として活躍している社員も数多くいます。

ですので、30代後半の転職者に対しても管理職としてのスキルであるマネジメント能力を期待されることが多いです。

管理職の経験がなくとも、将来は管理職候補として活躍することが望まれます。

スキルがない30代が転職で覚悟すべきこと


出典:Pixabay

スキルがない30代が転職で覚悟すべきことは以下の3つです。

  1. 転職活動は長期戦を覚悟する
  2. 未経験職種への転職は年収ダウンを覚悟する
  3. 30代後半は年収ダウンのリスクがある

一つずつ解説していきます。

転職活動は長期戦を覚悟する

スキルがない30代の場合は、転職活動は長期戦を覚悟してください。

自分の経歴に見合った求人があるかどうかはタイミングもあるので、短期で転職活動するのではなく、長期戦を覚悟すべきです。

転職活動が長期化するとモチベーションが継続しづらいのですが、あとから良い企業の求人が出てきて内定をもらえるパターンもあるので最後まで諦めないようにしましょう。

未経験職種への転職は年収ダウンを覚悟する

30代となると、ある程度のスキルを持っていることを見込まれていますので、未経験職種への転職は、年収ダウンのリスクが高まります。

もちろん、年収よりもキャリアを変えていくことを重視したい場合は転職しても問題ありません。

ですが、未経験職種へのチャレンジを転職の軸としている場合は、多少の年収ダウンは覚悟しておきましょう。

30代後半は年収ダウンのリスクがある

前述した通り、30代後半は管理職または管理職候補としての募集がメインになります。

したがって、スキルがない30代後半の転職となると、年収ダウンのリスクがあることを念頭におきましょう。

もちろんスキルがなくても面接で高評価を得られれば、年収アップの可能性もあります。

年収ダウンする場合は転職せずに現職に残れば問題ありません。

内定をいただいて、年収交渉しても下がるようであれば辞退するというのもありです。

転職したいけどスキルがない30代が転職する方法

転職したいけどスキルがない30代が転職する方法出典:Pixabay

転職したいけどスキルがない30代が転職するには、以下のポイントを押さえておきましょう。

  1. 探せばアピールできるスキルはある
  2. 経験・実績を見栄えよくPRする
  3. 独学で意欲をアピールする
  4. 転職エージェントを複数利用する

探せばアピールできるスキルはある

「スキルがないけどどうしよう」と思っている人のうち、一部の方は「スキルがあるのに自覚がない」という事態に陥っています。

高卒、大卒で30代まで働いてきたのであれば、8年〜12年程度のキャリアがあるはずです。

当然、新入社員より能力が高いはずですので、アピールできるポイントはありますよね。

自分にとって当たり前だと思っていることでも、アピールするに値する場合が多いのです。

例えば、コールセンターで勤務してきた経験があれば、どんなクレームが来ても即座に回答することができるでしょう。

これはコールセンターの経験者から見れば「あたりまえ」なのかもしれませんが、他の職種・業種の方から見ると「スキルがある」と思うはずです。

経験・実績を見栄えよくPRする

経験や実績を見栄えよくアピールできれば、書類選考が通過しやすいです。

エピソードを織り交ぜながら具体的に話ができれば面接も通過する可能性が高まります。

自分が持っている経験や実績を定量的に示して、それを裏付けるエピソードを2〜3個用意しましょう。

職務経歴書に具体的なエピソードを織り交ぜながら自己PRが記載されていれば、面接に呼ばれる可能性は格段に向上するはずです。

面接では職務経歴書のエピソードとは別のエピソードを話すことで、マグレではなく「再現性がある」と思ってもらいやすく、高評価につながります。

独学で意欲をアピールする

時には独学で意欲をアピールすることも必要です。

現職の仕事の話だけに終始すると、「与えられた仕事の中での成果しかないのか?」と思われかねません。

独学で学んだ経験を生かして、現職で貢献したというエピソードもあれば、プライベートを自己成長に投資できる、意欲の高い人材だと思ってもらいやすいです。

例えば、以下のようなイメージです。

「日々のデータ集計作業に時間がかかっていたので、エクセルVBAの書籍を購入して休日に勉強し、マクロを構築しました。その結果、いままで30分かけていた集計作業を5分で完了させることができました。」

もし現在、そのようなエピソードがなければ、今の職場で同様のことができないかを一度考えてみると良いでしょう。

転職エージェントを複数利用する

転職エージェントは1社ではなく複数利用することをおすすめします。

紹介してもらえる求人情報は、転職エージェントによって異なります。

大手企業の求人は複数のエージェントから紹介されることが多いです。

しかし、一部の外資系企業やベンチャー企業、中小企業の場合は特定のエージェントとしか提携していない場合があります。

したがって、複数の転職エージェントを利用することで、求人情報の取りこぼしを防ぐことにつながります。

また、エージェントは職務経歴書の添削も実施してくれるので、複数のエージェントに添削を依頼するのもおすすめです。

しっかりと添削してくれるエージェントと、そのままでOKですと言って添削しないエージェントがいます。

当然、添削してくれるエージェントの方が自分に時間を割いてくれていると言う証拠ですのでおすすめです。

まとめ:転職したいけどスキルがない30代でも転職できる!

転職したいけどスキルがない30代が転職を成功させるためにはどうすれば良いのかを解説しました。

スキルがない30代でも転職は可能です。

転職を成功させるためにも、以下のポイントを押さえて転職活動を進めていきましょう。

  • 転職活動は長期戦を覚悟する
  • 未経験職種への転職は年収ダウンを覚悟する
  • 30代後半は年収ダウンのリスクがある
  • 探せばアピールできるスキルはある
  • 経験・実績を見栄えよくPRする
  • 独学で意欲をアピールする
  • 転職エージェントを複数利用する

転職はタイミングと運に左右されやすいです。

当然実力があれば内定を獲得しやすいのですが、面接官も人ですので「好き嫌い」で判断される場合もあります。

結局は「この人と仕事したい」と思わせれば勝ちですので、書類はブラッシュアップを重ねていきましょう。

面接での評価を上げるために、しっかりと練習しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!