転職エージェントに見捨てられる?むかつく裏事情と3つ予防策

Pocket

転職を成功させるためには転職エージェントの利用は必須です。
東晶貿易株式会社が実施した22~39歳の男女460人を対象にしたアンケート調査では、転職エージェント利用者の83.4%が条件を落とさずに転職されていました。

出典:転職経験者のうち転職サイトを利用するのは何割!?転職エージェントを利用した約8割が転職に成功している!|FNNプライムオンライン
とはいえSNSでは下記のような声が非常に多く上がっており、転職エージェントに見捨てられる可能性が示唆されています。

転職エージェントに見捨てられることは起こり得るのでしょうか?
結論から言うと、転職エージェントに見捨てられることは起こり得ます。
この記事では転職エージェントに見捨てられる人の特徴と見捨てられた人が次に取るべき行動を解説します。
意外かもしれませんが転職エージェントが求職者を見捨てる理由はたった1つだけです。
本記事でたった1つの理由と予防策を理解して転職エージェントに見捨てられることを未然に防いでください。

Contents

【セルフチェック】転職エージェントに見捨てられた5つのサイン

転職エージェントに見捨てられたらどんな扱いをされるのでしょうか。
転職エージェントが求職者を見捨てたサインを5つご紹介します。
該当する項目が多いほど見捨てられた可能性が高いので現在の状況を確認してください。

転職 エージェントから連絡がこない/無視される

転職エージェントが何らかの理由により音信不通になるケースです。
連絡が途絶えるタイミングは初回の面談終了後・会員登録後・数案件紹介後など様々ですが、連絡が来ないまたは無視されるようになった場合は見捨てられたと考えて間違いありません。

転職 エージェントに紹介できる求人がないと言われた

求職者が希望条件を提示した後に「条件に合致した求人の取り扱いがないため紹介できる求人がありません。」という内容のメールが届くことがあります。本文中には「紹介できる求人が見つかり次第ご連絡いたします。」と記載がありますが、残念ながらその後に求人が紹介されることはほぼありません。

転職 エージェントのやる気がない

  • 求職者の連絡に対するレスポンスが遅い
  • 求人をなかなか紹介してくれない
  • こちらの要望を聞き入れてもらえない

上記のようなことが頻繁に起こるなら転職エージェントからまともに相手にされていない、もしくは優先順位を下げられている可能性が高いです。
登録直後に比べて転職エージェントの対応が雑になったと感じるなら見捨てられた可能性があります。

転職 エージェントが希望と違う求人を紹介してくる

求職者が提示した条件を無視した求人ばかりが紹介されるなら求職者と長く付き合う気がない証拠です。
「相手にするのが面倒だからとりあえず適当な求人に応募だけさせてみよう」
このように思われている可能性があります。

経験の浅い転職エージェントに担当変更された

担当が経験の浅いエージェントに変更された場合も見捨てられた可能性が高いです。ベテランのエージェント程、転職成功率が低そうな求職者はなるべく相手をしたがりません。
新人など経験の浅い転職エージェントに担当交代した場合は転職成功率が低そうな人材と判断されているかもしれません。

転職エージェントが求職者を見捨てるたった1つの理由

出典:AdobeStock

転職エージェントが求職者を見捨てるたった1つの理由とは求職者に商品価値を感じなくなった時です。
そもそも転職エージェントのビジネスモデルは正しく理解されていますか。

出典:知らないと危険?プロがまとめた転職エージェントの仕組み

転職エージェントは求職者を企業に紹介し、企業と求職者の雇用契約が結ばれたら企業から報酬が支払われます。
つまり企業に紹介しても採用される可能性が極めて低い人材と判断されると転職エージェントから相手にされないようになります。
登録時はしっぽを振って近づいてくるのに利用価値が無いと判断したらそっぽ向かれることは正直ムカつきますよね。
とはいえ、転職エージェントはビジネスです。慈善事業ではないため利益が得られない相手と取引を中止することは当然です。
転職エージェントとwin-winの関係になるためにも企業に紹介しても採用される可能性が極めて低い人材と判断されないようにしましょう。

企業に紹介しても採用される可能性が極めて低い人材とは次の4つの人材を指します。

転職エージェントの手持ち求人に応募できるスペックがない

転職エージェントは求職者の登録内容を照会して求人の応募条件に合致するかを確認しますが、手持ちの求人に応募できないと判断したら商品価値がないとみなされ見捨てられます。
特別なスキルを持たない人材は市場価値が低いとみなされやすいため注意が必要です。

求職者がメンタルの不調を隠している

現在メンタルの不調を抱えているにも関わらず転職エージェントに申告しなかったら見捨てられるケースがあります。
転職エージェントが困ることは企業から内定が出た後にメンタルの問題が発覚して内定取り消しになることです。
後々のトラブル防止のためにも、下記のように万が一の時には業務に支障が出るレベルのメンタル不調を抱えているなら正直に申告しましょう。

  • 病院に通院している
  • 常的に薬を服用している
  • 突発的なお休みが必要になる

求職者が提示する条件が『絵に描いた餅』

求職者が提示する条件が高望みしすぎている場合です。

  • 残業が月0時間
  • フレックスタイム
  • 年収は今より高い

上記の条件を全て満たす求人は非常に稀で、全ての条件を満たすことを必須条件としているなら該当する求人が見つからず見捨てられます。
複数の条件を提示する場合は「できれば全ての条件を満たすことが望ましいですが、必ずしも全てを満たす必要はありません」と枕詞を添えるようにしましょう。

転職エージェントとの面談で絶対にやってはいけないことをした

転職エージェントは面談を通して求職者の人間性や社会性を評価しますが、面談で絶対にやってはいけないことがあります。
それは嘘の経歴を伝えることです。
面談時に転職エージェントは深堀した質問をしてきますが、質問への回答内容で簡単に経歴詐称は見破られます。
嘘をついていると判断されたら100%見捨てられるため嘘は絶対についてはいけません。

転職エージェントに見捨てられた人がとるべき4つの行動

出典:AdobeStock

転職エージェントに見捨てられて転職活動が滞っている方が次に取るべき4つの行動を解説します。

レジュメをブラッシュアップする

転職エージェントは求職者の登録内容(レジュメ)を見て求人に応募できるかを判断します。
企業に応募できる知識・経験・スキルを持っていてもレジュメで転職エージェントに伝わらなければ機会損失に繋がります。
レジュメの作成を適当にしていた・作成から時間が経過しているなら再度内容を見直しましょう。

提示条件を緩和する

希望した条件が厳しすぎて求人を紹介してもらえないなら条件を緩和することでサポート対象になる可能性があります。
希望条件が全て叶わないことは残念ですが、そもそも求人が紹介されなければ本末転倒です。
全ての条件を満たすことが厳しそうならどれか1つに絞り、まずは求人を紹介してもらうことに徹しましょう。

他の転職エージェントを利用する

転職エージェントはルール(重複応募をしない)さえ守れば複数社を並行利用しても問題ありません。
むしろ担当者との相性・紹介求人の相性を考えると複数社を同時に利用することは転職活動を円滑に進める上で非常に有効です。
現在利用している転職エージェントに見捨てられたと感じているなら今すぐ他の転職エージェントに登録してみましょう。

ビジネスマナーを見直す

これは医療従事者に多い傾向がありますが、基本的なビジネスマナーが備わっていない求職者は転職の難易度が非常に高いです。

  • ビジネスメールの基本の形を押さえているか
  • 電話マナーに問題はないか
  • 言葉遣い・敬語は適切か
  • ビジネス文書の基本を理解しているか

これらのビジネスマナーが備わっているか再度確認してください。

転職エージェントに見捨てられないようにする3つの予防策

出典:AdobeStock

転職エージェントから見捨てられないようにするための予防策を3つ紹介します。
これらの項目を満たしても絶対に見捨てられなくなるわけではありませんが、少しでも見捨てられる可能性を低くしたい方は必ず実践してください。

レスポンスは24時間以内にする

メールや電話には最低でも24時間以内にレスポンスしましょう。
レスポンスの早さは信頼度に直結するため、連絡が遅くなるほど転職エージェントからの信頼度も低下していきます。
転職エージェントはレスポンスが遅い求職者を相手にしているほど暇ではありません。

約束した時間を厳守する

約束の時間を守ることはビジネスの基本です。
転職エージェントとの約束も守れない人が採用企業との約束を守れるはずがありません。
時間にルーズな人は仕事に対してもルーズになりがちです。
きっちり仕事をこなせることをアピールするためにも時間は必ず厳守しましょう。

紹介求人にできるだけ応募する

転職エージェントが多数の求人を紹介してくれたにも関わらず1つも応募しないことは転職意欲が低いと見なされます。
上述した通り、転職エージェントは成功報酬型のビジネスモデルのため転職意欲が高い求職者を優先的にサポートします。
転職エージェントからすれば応募をしない求職者はただのコストです。
コストにならないためにも積極的に求人に応募して転職意欲が高いことをアピールしましょう。

転職エージェントが優先的にサポートしたがる人材の4つの特徴

出典:AdobeStock

「転職エージェントに見捨てられないようにする」
そもそもこの状態は転職エージェントよりも求職者の立場が弱いためいつ見捨てられるか分からない状況です。
この状況を打破するには転職エージェントが優先的にサポートしたがる人材になる必要があります。
優先的にサポートしたがる人材とは企業に採用される可能性が高い人材のことで具体的には次の4つが揃った人材です。

見た目が整っている

  • 身だしなみが整っている
  • 清潔感がある
  • 笑顔が素敵
  • はつらつとしている

人は第一印象で仕事のパートナーになれるかを判断します。
どれだけ仕事ができても外見が整っていない人とは仕事はしたくないものです。
第一印象で損をしないためにも、転職エージェントとの面談前には最低限の身だしなみは整えましょう。

性格・考え方が魅力的

  • 真面目で誠実
  • 前向きで明るい
  • さっぱりしていて小さなことにこだわらない
  • 人から受けた恩を忘れず、感謝する気持ちを持っている

仕事のパートナーとしてネガティブ思考の人とはなるべく関わりたくありません。
日頃からポジティブ思考になるための訓練をしておきましょう。

仕事への取り組み方に芯がある

  • 優先順位を考えて行動できる
  • 論理的に考える
  • 俯瞰的に判断できる
  • 失敗を次に活かせる

企業は思考停止で漫然と仕事をする人材は求めていません。
常に先のことを考えながら仕事ができる人材になり

コミュニケーションスキルが高い

  • 挨拶がきちんとできる
  • 相手の話をよく聞く
  • メールなどのレスポンスが早い
  • 自分の意見をはっきり言える

仕事は人と人との関わり合いで成り立っています。
どれだけ仕事ができても周囲の人間とコミュニケーションが取れず孤立するようでは会社から扱いにくい人材と判断されます。
他部署との業務もスムーズに調整できるような高いコミュニケーションスキルを身につけましょう。

転職エージェントに見捨てられる?むかつく裏事情と予防策のまとめ

今回の記事の内容をまとめます。

  • 【セルフチェック】転職エージェントに見捨てられた5つのサイン
    1. 転職 エージェントから連絡がこない/無視される
    2. 転職 エージェントに紹介できる求人がないと言われた
    3. 転職 エージェントのやる気がない
    4. 転職 エージェントが希望と違う求人を紹介してくる
    5. 転職エージェントに担当変更された
  • 転職エージェントが求職者を見捨てるたった1つの理由は求職者に商品価値を感じなくなった時
    1. 転職エージェントの手持ち求人に応募できるスペックがない
    2. 求職者がメンタルの不調を隠している
    3. 求職者が提示する条件が『絵に描いた餅』
    4. 転職エージェントとの面談で絶対にやってはいけないことをした
  • 転職エージェントに見捨てられた人がとるべき3つの行動
    1. 提示条件を緩和する
    2. 他の転職エージェントを利用する
    3. 他の転職エージェントを利用する
  • 転職エージェントに見捨てられないようにする3つの予防策
    1. レスポンスは24時間以内にする
    2. 約束した時間を厳守する
    3. 紹介求人にできるだけ応募する
  • 転職エージェントが優先的にサポートしたがる人材の4つの特徴
    1. 見た目が整っている
    2. 性格・考え方が魅力的
    3. 仕事への取り組み方に芯がある
    4. コミュニケーションスキルが高い

転職活動を円滑に進めるためにも転職エージェントの活用は必須です。
とはいえ転職エージェントにすがるようでは満足する結果は得られにくいため、転職エージェントを利用する立場になれるように日頃から市場価値を高める努力を怠らないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!