休職中の転職活動でも内定獲得できた!休職者が転職成功させるコツを解説

Pocket

出典:reshot

休職中で環境を変えたいという場合でも、休職中に転職活動して大手企業への逆転転職は可能です。

  • 休職中だけど転職したい
  • 休職中の転職は無理?
  • 休職した経験があると転職で不利?

という悩みをお持ちではありませんか?

そこで、この記事では休職中の転職が可能か、休職経験が転職活動に与える影響について解説し、お悩みを解決します。

結論、本記事のとおりに活動すれば、休職中でも転職活動で内定を獲得することは可能です。

休職中でも転職はできる?

出典:reshot

そもそも、休職中に転職活動ができるのか、内定が獲得できるのかは以下の通り。

  • 休職中でも転職活動はできる
  • 休職経験があっても転職は可能
  • 休職したことが内定獲得に不利になる?

一つずつ解説していきます。

休職中でも転職活動はできる

結論から言えば、休職中でも転職活動は可能です。

休職中というのは病気や怪我で会社を休んでいる状態です。

本来、休職中は少しでも早く職場復帰を目指すことが望ましいです。

しかし、休職の理由が職場環境による適応障害やうつ症状の場合は、職場復帰が難しいはずです。

この場合は自分の手で環境を変えていくために転職活動を進めても良いでしょう。

休職経験があっても転職は可能

休職した経験があっても転職活動は可能ですし、内定獲得も可能です。

休職した経験があると、自己PRしづらいし、採用してくれる企業があるのか不安になると思いますが心配はいりません。

面接では休職したかどうかは聞かれません。

休職していない期間で何を成し遂げてきたかを面接でPRできればOKです。

休職したことが内定獲得に不利になる?

休職したことが内定獲得に不利になるかどうかですが、休職していたことを伝えてしまうと、書類や面接でお見送りになってしまうリスクが高まります。

休職したことは転職活動において、アピールすべき事項ではないからです。

中途採用者が活躍できず、定着せず、早期退職してしまわないことを企業側は望んでいます。

休職経験者が転職で不利にならないためのコツ

出典:reshot

休職経験者が転職で不利にならないためのコツは以下の通りです。

  • 休職していたことは面接で話さない
  • 転職理由は前向きな理由を述べる
  • 職務経歴を細かく話しすぎない
  • 休職歴を応募先の企業には伝えなければならない?

一つずつ解説していきます。

休職していたことは面接で話さない

前述したとおり、休職していたという事実は、転職活動においてアピールすべきではありません。

休職に限らず、自身の職務経歴のなかで、実績としてアピールしやすい職務と、アピールしづらい職務があるはずです。

休職についても、他の職務経歴と同様、「アピールすべきでない実績」のうちの一つでしかありません。

ですので、休職を隠すことはよくないのではないか?と不安になる必要はありません。

言う必要がないことは言わなくても良いのです。

ただし、過去に休職していたことがあるか?というのを面接で聞かれた場合は嘘をついてはいけません。

とはいえ、面接で休職経験を聞いてくる面接官とは出会ったことがありません。

もし聞かれた場合は入社する必要のない会社だったんだと割り切るのが良いでしょう。

転職理由は前向きな理由を述べる

休職していたことを話さないことはもちろんのこと、転職する理由を面接で話す際、マイナス表現は避けるようにしましょう。

具体的には、「激務だから環境を変えたい」「上司と合わなかったから転職したい」といった本音ベースで語ってしまうと、即お見送りになってしまいます。

転職の面接では仕事へのモチベーションの高さをアピールすべく、以下のような転職理由が望ましいです。

  • 現職の営業経験を通じて、より高度なスキルを身につけたい
  • 在庫管理システムを利用するうちに、段々と開発側に挑戦したくなった

転職したいと思う一番の理由が、人間関係や職場環境だったとしても、それを話さないようにして、自らが挑戦したいという姿勢を示すことが大切です。

職務経歴を細かく話しすぎない

職務経歴を細かく話さない方がよい場合があります。

休職していた時期についても話をしなくてはならなくなる恐れがあるからです。

例えば、「6月にプロジェクトを発足して、システム要件定義を作成しました。7月は・・・」という風に話すと、休職していた時期を誤魔化すのが苦しくなります。

転職活動では、休職していた事実は話す必要はありませんので、自ら墓穴を掘るような発言は控えるのが賢明です。

休職歴を転職エージェントに伝えない

休職歴を転職エージェントに伝えたほうが良いのでは?と悩むケースも多いですが、多くの場合は休職歴を伝える必要はありません。

ただし、持病を抱えていて、入社後も通院や入院が発生する場合は事前に伝えておくべきです。

とはいえ、病気があるけど雇ってくれと言って内定を取るのは難しいので、伝えるタイミングとしては内定をいただいた後に相談した方が無難です。

怪我や軽いうつ症状により一時的な職場離脱(休職)となった場合は、次の職場では問題なく職務遂行できると思いますので、自らが積極的に休職歴をアピールする必要はありません。

ただ、何度も伝えているように、面接官から休職歴について質問された場合は、嘘をつかないようにしましょう。

休職歴について聞かれたにもかかわらず、休職歴を隠し、あとになって判明した場合は解雇事由に該当する恐れがあります。

休職した経験は転職後にバレる?

出典:reshot

休職した経験は、転職後にバレてしまうのか、気になると思います。

結論から言えば、まずバレないと思って良いです。

詳細は以下の通り。

  • 休職した事実を話さなければバレない
  • 入社時の源泉徴収票の提出でもバレない
  • 入社後に休職がバレても解雇されるリスクは少ない

一つずつ解説していきます。

休職した事実を話さなければバレない

休職した事実を正直に話さなければ、転職先にバレるリスクは少ないです。

実際に、転職後に働く同僚や上司が、休職していた事実をどのようにして把握するのかを考えれば、自らがカミングアウトをしなければバレるリスクが限りなく少ないことは明白でしょう。

直近1年以内に長期間休職していた場合は、源泉徴収票の提出タイミングで総務担当者に感づかれるかと思いますが、特に何も指摘されない場合が多いので心配は無用です。

もし、休職していたかどうかを問われた場合には、正直に話す必要が出てきますが、現在は健康で問題なく働けることも伝えればOKです。

過去1年以上前に休職していた場合は、源泉徴収票上でも、休職していたかは全くわからないので、休職していた事実がバレることはありません。

入社時の源泉徴収票の提出でもバレない

転職先に入社する際には、源泉徴収票の提出を求められるケースがほとんどだと思いますが、源泉徴収票の提出だけでは、休職していたかどうかを判断できないからです。

とはいえ、休職期間が長くなると、源泉徴収票に記載される金額が少なくなってしまうので休職していたのでは?と推測されてしまう場合もあります。

傷病手当金を健保より受給していたとしても、源泉徴収票にはその金額は載ってきません。

また、内定後の給与交渉にあたっては前年給与の参考として源泉徴収票の金額を見られるケースも多いため、休職していた期間分、前年の年収が少なく見えてしまうことは覚悟しておきましょう。

休職がバレても内定取消・解雇されるリスクは少ない

万が一、入社後に休職がバレたとしても解雇されるリスクは少ないです。

休職していたことがバレたとしても、入社後に通常業務をこなせていれば解雇になるケースはほとんどありません。

面接時においても、「休職について聞かれなかったから答えなかった」だけであれば嘘を吐いている訳ではありませんので問題ありません。

とはいえ、入社後も体調を崩してしまう持病を抱えているのであれば、あらかじめ正直に話した上で採用された方が職場の理解も得られやすいでしょう。

本気で環境を変えたいなら転職しよう

本記事で解説した内容は以下の通りです。

  • 休職中の転職は可能
  • 休職経験は転職で不利になるので言わない
  • 休職経験は転職先にバレるリスクは少ない

理由はどうあれ、休職をした経験があると、社会人としてやっていけるのか・・・?と不安になることもあると思います。

過去の自分を変えることはできませんので、これから自分でどのような社会人生活を送りたいかを見つめ直していきましょう。

そして、本気で環境を変えたいと思うのであれば、転職にチャレンジしてみることをお勧めします。

企業の説明会や面接を受けるだけでも刺激になりますし、自分の人生をコントロールしているという感覚が得られるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!