30代・スキルなしの女性が転職するのは難しい?それでも何とか成功するための3つのコツ

Pocket

新卒で入社したときは「30代なんてまだまだ先」と思って、オフィスライフをエンジョイしていた女性も、意外とあっという間にその日はやってきます。

「女性だから、仕事のことはそこまで真剣に考えていなかった」という人もいますし、「取りあえず女性なので、事務職を選んでいた」という人も、少なくありません。

しかし、女性がこれといったスキルもなく30代になってしまうと、いざ転職をすることになったときに「どこにも雇ってもらえない」という、とんでもない事態に陥るのです。その落とし穴から抜け出すためには、いったいどうしたらいいのでしょうか?

この記事では、30代でスキルのない女性が、現実の壁を乗り越えて転職に成功するための、3つのコツをご紹介します。

スキルのない30代の女性が、社会に受け入れてもらうためには、自分のビジョンを明確に持つことが大切です。目標を持って前向きに求職活動をすることで、転職に成功できた女性は、少ないながらもいます。

「自分の意識を変えて、これからは前向きに仕事のキャリアを積みたい」という気持ちのある女性なら大丈夫!30代を人生の出発点と思って、懸命に転職活動を行いましょう。

30代スキルなし・資格なしの女性が転職しづらい理由

30代は即戦力の人材が求められる

転職活動をするときに、20代半ばぐらいまではやる気のある人なら未経験でもポテンシャル採用される可能性がありますが、30代となるとそうはいきません。

30代になると基本的に即戦力の人しか採用されなくなるので、特にスキルや資格のない人は、採用のハードルがかなり高くなります。

結婚・出産・育児を行う年齢なので敬遠される

20代後半から30代にかけての女性は、結婚・出産・育児のフェーズに入る人が極めて多く、それが理由で敬遠されることは、非常によくあるパターンです。

ただでさえ30代で転職しづらいのに、女性の場合はそれに追い打ちをかけるように人生の一大イベントがあるので、多くの企業はあえて採用しないケースが多いでしょう。

企業側としても、採用直後に産休・育休を取られてしまっては、何のために採用したのかわからなくなってしまいます。「私は当分子どもは産まない」と決めている人でも、それを証明するのがとても難しいのが現状です。

30代の女性が未経験から転職するための3つのコツ

上記のような非常に厳しい状況下にある30代・スキルなしの女性ですが、「それでも何とかして転職したい!」という、強い思いを持っている人もいるでしょう。

30代の女性が未経験から何とか転職するには、いったいどうしたらいいのでしょうか?400社以上の企業・事業所を取材してきた筆者が、今まで見てきた職場から予測する、30代・スキルなしの女性が転職できる可能性についてお話ししたいと思います。

まずは自分の5年後・10年後のキャリアを見つめ直してみる

今まで自分の仕事について深く考えずに働いてきた人は、転職先を探す前に、まず自分の5年後・10年後のキャリアを見つめ直してみましょう。

終身雇用制度が崩壊した時代に、ずっと働き続けるためには、自分自身のキャリアプランをしっかりと立て、必要に応じて資格などを取得しながら働く必要があります。

30代でスキルのない女性の中には、これまで自分の仕事というものを真剣に考えてこなかった人も、少なくありません。いま、転職の壁にぶち当たっているのは、まさにそれが理由です。

日本ではまだあまり浸透していない「キャリアプラン」という言葉ですが、実は欧米などでは昔からごく一般的な考え方で、何歳で自分のキャリアをどう築くかを、常に考えながら仕事のスキルを磨いています。

日本のように正社員制度のない海外だからこそ、自分のキャリアは自分で切り拓かないと、生きていけないのです。

そして正社員制度のある日本も、終身雇用制が崩壊した今となっては、例外ではありません。自分自身の仕事人生をしっかりと見つめて、計画的に歩んでいくことが大切です。

ただし、自分一人でキャリアプランを考えるのは、難しいかと思います。専門のキャリアコンサルタントに相談するなどして、今後自分がどう働いていくのかを、しっかりと考え直した方がいいでしょう。転職ノートを作成し、自己分析や適性検査などを行うこともおすすめします。

「どこに転職したいか」だけでなく、「どこに転職できるか」も考える

厳しい言い方かもしれませんが、30代でスキルのない状態で転職できる企業は、限られています。

もちろん、年齢だけでなく潜在的な能力や資質を買われて採用される可能性もありますが、比較的採用されやすい業種や企業を選んで応募することで、転職の成功率を高めることができます。たとえば次のような業種や企業も、転職しやすい候補として考えられます。

  • 前職で経験した業界にできるだけ近い業界を選ぶ。

職種自体の経験がなくても、業界の内容に詳しいことで、一定の評価をされる場合があります。

  • 人材を積極的に求めている企業を選ぶ。

新事業設立や人材不足などの理由で、複数の人材を積極的に求めている企業は、転職しやすい傾向にあります。

  • 都心ではなく、地方の企業を選ぶ。

若い人材は東京などの大都市に集中しています。そのため、東京では一般事務の募集に数十人の応募がありますが、地方では事務職が足りないケースも少なくありません。

女性の子育てに理解のある企業に応募する

30代でスキルのない女性が転職をするなら、女性の子育てに理解のある企業に応募するのがベストです。たとえ子どもを産む予定がなくても、女性の子育てを応援してくれる企業なら、30代の女性を採用する意思があるかもしれません。

ただし「子育て応援企業」と銘打つような大企業ではなく、数人~数十人といった小規模な企業の方が、転職できる可能性は高いでしょう。

これまでは日本の多くの企業が、「時短勤務をされると困る」「育休を取られるのは迷惑だ」といった、古い日本の慣習を引きずってきました。

しかし、今は少しずつではありますが、企業も変わりつつあります。特にベンチャー系の比較的新しい企業や、子育てに関連するサービスを扱う企業の中には、「育休歓迎」「皆で助け合っていきましょう」といった風土を持つところも増えてきました。

そういう企業であれば、たとえ30代でも、「これから子どもを産んでも、10年以上活躍してもらえるだろう」と考えてくれる可能性があります。

もちろん、そういう企業から自分が選んでもらうためには、自分自身に人間としてのパワーや魅力がないといけません。採用試験に見事通過するためには、キャリアコンサルタントなどの転職のプロからしっかりとサポートを受けて、応募書類対策・面接対策を行うことが大切です。

30代・スキルなしの女性が転職するのにおすすめの職種

数ある職種の中には、30代・スキルなしでも比較的採用されやすい職種があります。自分の適性に合う仕事があれば、そこに焦点を絞って求職活動を行うのも、ひとつの方法でしょう。

営業職

営業職の求人はとても多く、経験があれば成績を出せるという仕事ではないので、30代・未経験でも試しに採用してもらえる可能性があります。

もちろん結果を出せなければ会社には居づらくなりますが、筆者の知る限りでも、これまで未経験で営業の世界に飛び込み、成功した30代の人を何人か見てきています。コミュニケーション能力に自信のある人は、選択肢のひとつかもしれません。

建築関係の現場監督

「女性が現場監督?」と思うかもしれませんが、建築現場の監督は、きめ細かい配慮のできる女性には、意外と向いている仕事です。

中小の建築会社は現在人材不足の傾向にあり、人間性を認められれば、30代でも未経験で採用してもらえる可能性があります。

現場監督の仕事というのは奥が深く、30代・未経験の人がこれからキャリアを築くには、最適な職種ともいえるでしょう。

ただし、職場によっては夜勤があるなど、結婚後に子育てをしながら働くのが難しいケースもあります。

会社としてもできるだけ長くいてもらいたいため、育児支援に積極的なところもあるので、その辺は必要に応じて確認しておくといいでしょう。現場監督をしていた女性の中には、育休復帰後に事務職に異動するケースもあります。

介護施設や障害者施設の職員

介護施設や障害者施設の求人も多く、30代・未経験で正職員として採用される人は数多くいます。

「介護施設には行きたくない」と考える人も多いのですが、自分の適性を把握したときに、実は介護職に向いていたという人も少なくありません。

高齢者や障害者を支援する仕事も奥が深く、元気であれば一生働ける仕事でもあります。自分自身の子育てや介護といったライフイベントがあっても、周囲の協力を得ながら働きやすい傾向にあるので、「人のお世話をすることが好き」という人は、候補の一つに考えてみてもいいでしょう。

ただし、施設の中にはパワハラが横行しているところもあるので、転職先は吟味する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!