【年代別】転職したいけどス キルがない人!転職成功ポイントを解説

Pocket

今の職場に不満があるものの「転職したいけどスキルがないから無理」と諦めていませんか?転職活動をしても成功するとは限らないので、何かスキルがないと不安ですよね。

この記事では、スキルがない人が転職する際のポイントを年代別に解説します。また、「転職したいけど何がしたいか分からない」「転職したいけど勇気がない」などと悩む人向けの対処法も紹介しますので参考にしてください。

スキルがないと転職は成功しない?

出典:photoAC

そもそも、特別なスキルがなければ転職は成功しないのでしょうか?それは転職先の選び方によります。畑違いの職種を希望する場合は、その職種に合ったスキルが求められます。

しかし、今と同じ職種への転職であればそう難しくはないはずです。現在、営業職として働いているのであれば、営業が関係する保険や不動産業界への転職も不可能ではありません。

つまり、スキルの有無は転職先にもよります。共通して必要なのはコミュニケーション能力くらいですので、スキルがないからといって行動せずに諦めるのはもったいないといえるでしょう。

スキルがない人の転職には準備が大切

出典:photoAC

選ぶ職種によっては、スキルがなくても今までの経験から転職を成功させられるかもしれません。しかし、どのような転職にも準備が必要です。まずは、以下のように転職したい理由を挙げてみましょう。

  • やりがいが感じられない
  • 上司や同僚との人間関係が辛い
  • 給料が安く生活がカツカツ

このまま今の職場で働き続けるとどうなるでしょうか?今の憂鬱な気持ちを書き出し、転職の決意を固めれば「スキルがなくてもなんとか転職してやる!」という気持ちが強くなるはずです。そのほか、スキルがない人の転職準備のポイントを年代別に紹介します。

転職したいけどスキルや資格なしのがない20代のポイント

20代であれば、若さと勢いで転職が叶う可能性があります。今の職場での経験が浅く、アピールするポイントがないようにも思われますが、スキルや経験ではなく今後の伸びしろに注目してもらえることが多くあります。

そのため、スキルのない20代の転職は以下のようなポイントに注目して早めに行動をおこしましょう。

  • 転職を考えたら1日でも早く行動する
  • 第二新卒枠を活用する
  • 自分にできることをリストアップする
  • 資格や職歴を問わない転職先を選ぶ

20代のスキルなしの転職は、とにかく熱意とポテンシャルで乗り切りましょう!

転職したいけどスキルがない30代のポイント

30代であれば、即戦力を求められます。現在の職場で培った経験を活かせる転職先を選ぶと転職成功率が上がると考えられるでしょう。

未経験の仕事であれば「なぜこの仕事を?」と、必ず疑問を持たれます。そこでアピールできる資格やスキル、強い熱意がなければ難しいかもしれません。スキルのない30代の転職は、以下のようなポイントを意識しましょう。

  • 即戦力となれるような転職先を選ぶ
  • 転職活動が長引くことを考えて働きながら行動する
  • 年収が下がる可能性もあるので蓄えを持っておく
  • 異業種への転職は計画的に資格取得を目指す

未経験の職種を希望する場合は、今の職場で働きながら資格取得を目指す方法があります。そのほか、退職後にハローワークなどが実施する職業訓練に参加するのもおすすめです。

参考:ハローワーク インターネットサービス

転職したいけどスキルがない30代女性は事務がおすすめ

スキルがない30代女性は、事務の求人がおすすめです。簡単なパソコンスキル程度を身に着けておけば安心です。

また、30代女性の場合は、ライフスタイルの変化による勤務継続が懸念される可能性があります。「結婚しても仕事は続ける」「子育てのバックアップ体制がある」など、不安を払拭するアピールが必要です。

転職したいけどスキルがない40代のポイント

40代で「スキルがないから転職できない」と思っている人は、自身のアピールポイントを正確に把握できていない可能性があります。できることの棚卸しと、正確な言語化で乗り切れるでしょう。スキルがなくて不安を抱える40代は、以下のようなポイントに意識して転職活動を進めましょう。

  • 今までの業務経歴を細分化する
  • 経験をアピールするために言語化する
  • 自分を採用するメリットを考える
  • 新たに学ぶ素直さを持つ

スキルとは資格や専門性の高い知識だけではありません。工場勤務で培った正確性や忍耐力、スーパーの接客業で得た顧客管理力や観察力など、何気なくこなしていた業務も立派なスキルとしてアピールできます。

私の父は、40代でトラック運転手から旅行代理店に転職しました。長距離トラックを運転して日本全国を網羅している自負から、旅行地理検定などの資格を取得したことが転職成功につながりました。

一見スキルがないように見えて、精通しているものが多くなるのが40代です。まずは今までの経験をさまざまな視点から棚卸ししてみましょう。

転職したいけど何がしたいか分からない人の対処法

出典:photoAC

転職したいと思っているものの、具体的に何がしたいか分からない人も多いのではないでしょうか?そのような漠然とした悩みを「スキルがないから」と、転職しない理由にするのは大変もったいないことです。

そのような人は、自己分析が足りず、今後をうまくイメージできていないのかもしれません。そこでここからは、何がしたいか分からない人向けの対処法を解説します。

したいことが明確でない人のチェックポイント

何がしたいか分からない人は、自己分析が足りないほか、知識不足でどのような業種があるのか理解していない可能性も考えられます。心当たりがある人は、以下の項目をチェックしてみましょう。

  • 経験やスキルを自己分析する
  • 転職で譲れない条件を明確にする
  • 転職までのスケジュールを考える
  • 業種や職種の一覧を見て興味のある分野をリストアップする
  • 将来の自分の姿を想像する

参考:キャリアガーデン「職業一覧 -600種類の職業・仕事の分野別一覧」

行動にうつせないのは、何か不透明な点があるのかもしれません。順を追って「なぜ転職したいのか?」「どのような仕事をしたいのか?したくないのか?」と、自分の考えを整理していきましょう。

したいことが決まっているのに上手くいかない人は?

やりたいことが明確になっても、転職活動がうまくいかない人もいますよね。そのような場合は、どこに問題があるのが自分の行動を振り返ってみる必要があります。

スキルが不足していると感じるのであれば自己分析不足かもしれません。とはいえ、自分を追い込むために「転職してから考えよう」と、勢いで退職するのは避けた方が良いでしょう。収入がなくなると、焦りから転職先を妥協して失敗する恐れがあります。

転職したいけどに勇気がでない人向けのスキル一覧

出典:photoAC

スキルがないと思っていても、実は誰しも強みを持っています。そのアピールポイントを言語化できるかどうかが大きなポイントになるでしょう。そこでここからは、転職に勇気がない人向けにアピールできるスキルの例をご紹介します。

スキル一覧

ヒューマンスキル ビジネススキル
・協調性

・忍耐力

・責任感

・柔軟性

・向上心

・継続力

・コミュニケーション能力

・リーダーシップ

・ヒアリング力

・コーチング力

・語学力

・論理的思考

・抽象化志向

・情報収集力

・課題解決力

・分析力

・ビジネスマナー

・パソコンスキル

・マネジメント力

・プレゼンテーション力

職種別スキル

事務職…パソコン/事務処理/資料作成

営業職…コミュニケーション/プレゼンテーション/マーケティング

販売職…接客/観察/提案

企画職…情報収集/分析/市場理解

会計職…財務/経理

書き出してみると自身が持っているスキルが明確になります。スキルがないのは思い込みかもしれませんので、一度リストアップしてみてはいかがでしょうか?

スキルがない人でも転職は可能!

スキルがなくても、転職は可能です。年代にもよりますが、今まで経験した職種への転職であれば、培ってきた経験を活かせるでしょう。未経験の業種でも、自己分析とアピール方法によっては転職可能です。「スキルがない」といった思い込みにとらわれず、さまざまな方向から自身の強みを見つけましょう。

とはいえ、資格があるに越したことはありません。就きたい職業が明確なのであれば、資格取得を目指して計画的に転職を進めることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!